ヨーグルトで効果が無かった方への花粉症対策、甘酒活用術

【「ムズムズ・チカチカ」花粉症対策の甘酒活用法とは?!】

「花粉症が辛いんです...」

毎年春になると、目がチカチカして、くしゃみが止まらず
外に出るのが憂鬱な方
花粉症用の薬を飲むと効くんだけど眠くなるから、お仕事中には辛い方

“食生活から根本的に解決したい”

そう思いながら、ヨーグルトなどを試してはみたけど
イマイチ効果が分からなかった方

 

今日はそんな方へ“花粉症対策のための甘酒活用法”をお伝えしていきたいと思います!



 

【花粉症にはヨーグルトと言われる理由】

よく“花粉症にはヨーグルト”と言いますが、そもそも何故ヨーグルトなのでしょうか。
その理由は...“花粉症の原因は簡単に言うと免疫の過剰な反応によるもの“だから。

じゃあ何故免疫の過剰な反応が起こるのでしょうか?

と言いますと腸内環境が乱れている可能性があるというのが一つの要因として挙げられます。

このような理由から「腸内環境を整える」→「ヨーグルトの乳酸菌が良いよ」

という理論があるからです。

これにより、春になると積極的にヨーグルトを摂らなくては!と食べる方もいますし

花粉症に着目したヨーグルトなども発売されています。

この図式は決して間違ってはいないのでヨーグルトが合う人は試してみて欲しいのですが日本人の体質上...

どうしてもヨーグルトなどの“乳製品”自体が消化出来ずかえって腸内環境を乱す原因となる方もいます。

【ヨーグルトが合わなかった方でも甘酒が花粉症に良い理由】

今まで花粉症対策の為に、色んなヨーグルトを試された方もきっといることでしょう。
しかし、その方の体質や体調によってはヨーグルトが合わない事が有ります。

●乳糖の消化がうまくできない場合

その理由の1つとしては、ヨーグルトを始めとする乳製品を分解するには“ラクターゼ”という乳糖を分解する酵素が必要なのですが

日本人にはこの酵素が備わっていない場合が多いからです。

その為、ヨーグルトを食べることで腸内環境を整えるどころか、かえって腸に負担をかけてしまう場合が有ります。

●腸内環境が乱れていて消化吸収が難しくなっている場合

またもう1つは、普段の生活習慣や遺伝的素因などの何らかの原因により腸内フローラが乱れていて、せっかく乳酸菌を摂取してもスルーしてしまう場合です。このような場合にはいくらヨーグルトを摂っても感覚が無いということも有ります。

【ヨーグルトで効果がでなかった方に甘酒がおススメな理由】

そこで、花粉症対策に甘酒をおススメする理由は

まず“甘酒”は日本人の主食である“お米”から作られているので消化が難しくないという点。

そして、発酵食品なので腸内環境が乱れている方にまず食べて欲しい食品だという点です。

また甘酒には食物繊維も含まれている為、便通をよくする働きも期待出来ます。

その為、ヨーグルトがイマイチ合わなかったという方は

にはまず甘酒を始めとした発酵食品からスタートする。

というのも良いでしょう。

 

【花粉症対策の甘酒のとりかたとは?】

さて、花粉症対策の為にはどのような甘酒のとりかたをすればよいかというと...

まずは「朝食に甘酒をとる」という方法です。

特に「花粉症」があって「便秘」があって「朝食は食べない」方は

朝食に“甘酒+レモン汁+豆乳”をミックスした甘酒レモンドリンクを飲んでから出かけてみてはいかがでしょう。

 

寒い時は温めても構いません。朝から食物繊維を含む甘酒をとることで腸管を刺激し

さらに発酵食品ですので腸内環境を整える効果が期待出来ます。

レモン汁以外にも「いちご」や「キウイ」などお好みの果物を組み合わせても良いでしょう。

【甘酒だけでなく、他にも注意するポイント!】

さて、ここまで花粉症対策の為に甘酒を活用する方法についてお伝えしてきましたが、甘酒は薬では有りません。

あくまで食品です。なので“薬のように即効性は期待できない”ということは意識してください。

「花粉症になって辛くなってから始める」

のではなく花粉症の季節が始まる1か月ほど前からスタートするのが目安です。

★毎日コツコツ甘酒生活を続けよう★

また、食生活の改善は花粉症シーズンに限らず年中行うのが理想です。例えば甘酒だけでなく

●味噌汁を飲む
●ぬか漬けを食べる
●塩の代わりに塩麹を使う
●納豆を食べる
●野菜、海藻類をしっかり食べる

 

など、普段から完ぺきではなくても構いませんので「自分が出来そうなこと」にチャレンジしてみてください。
そうやって、少しずつの生活改善から辛い花粉症を軽減していきましょう!

管理栄養士 川村いく子

The following two tabs change content below.
発酵実育の編集長で管理栄養士の川村郁子です。 腸内環境を整えるための発酵食品カンタン活用術をご紹介していきます!

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。