毎日飲むだけ?!インフルエンザ予防に「甘酒」が良い理由

インフルエンザ予防に「甘酒」を使おう!

毎年、冬の時期になると大流行する「インフルエンザ」や風邪。

インフルエンザに罹ると、高熱が出て間接は痛み食欲も出来ず

学業や仕事に大きな影響が出るだけでなく

一緒に暮らしている家族に感染する恐れもあります。

「手洗い、うがいも気を付けていたのに...何で罹っちゃったの?!」

なんて、ひいてしまった後で後悔しない為にも

インフルエンザ、風邪になる前に普段の生活で対策しておくことが大事です。

 

そこで、今回は“インフルエンザ予防“の為に甘酒がおススメな理由と

その活用方法についてご紹介していきます!

 

【甘酒がインフルエンザ・風邪予防に良い理由】

 

甘酒は、お米に、米麹を付着し発酵させて作った

発酵食品です。この発酵食品は、腸内を刺激することで腸内環境が整い

腸管免疫を高めてくれるので、外敵から身を守る機能を向上させてくれるのです。

では何故、腸内環境が整うことで結果的に免疫機能も向上するのでしょうか

その理由を、次の章で説明していきます。

 

【そもそも何故、腸内環境が大切なのか】

 

腸内環境が整う、快便になる、便通が良くなるというイメージは有りますが

実は腸内環境が整うことで、結果的に免疫機能を向上させることが出来るのです。

その理由は、腸内免疫というものは体内免疫の中のなんと「70%」をも担っているから。

つまり、インフルエンザや風邪に罹らないようにする為には

“腸内環境を整えること”

が非常に大事なポイントとなるのです。

 

【こんな生活が腸内環境を悪くする】

 

さて、ここであなた自身の腸内環境がちゃんと整っているのか調べる為に簡易的な

“腸内環境が乱れる生活習慣チェックリスト”

を作成したので、解答してみてください。

何気にやっていること、毎日続けていることが

実は腸内環境を悪くし、免疫機能を低下させる原因となる可能性が有ります。


≪腸内環境が悪くなるチェック項目≫

□肉や魚など動物性たんぱく質を好みよく食べる

□野菜嫌い、若しくは、野菜不足である

□ご飯、パン、麺など穀類を減らしている

□甘いもの、お菓子、甘い飲み物をよく食べる。

□お酒をよく飲む

□ファーストフード、コンビニ食が多い

□外食が多く自炊が少ない

□海藻、きのこ類はあまり食べていない

□ストレスが溜まりやすい

□睡眠不足である

□揚げ物、スナック菓子をよく食べる


如何でしたでしょうか。

チェック項目が多く当てはまれば当てはまるほど

貴方の腸内環境は悪化している可能性が有ります。

 

【甘酒はヨーグルトや漬物と同じ“プレバイオティクス”】

 

さて、インフルエンザや風邪を予防する為に”腸内環境を整えること“が大切

ということはお伝えしていきましたが

甘酒と腸の関係について述べていきたいと思います。

麹カビで発酵させた甘酒は、よく「腸に良い」と聞く

ヨーグルトや漬物、キムチと同じプレバイオティクスの仲間です。

このプレバイオティクスは、腸内細菌のエサになります。

つまり、摂取することで腸内の中の“良い菌である善玉菌”が増えることで

腸内のバランスが整いやすくなります。

また、甘酒の原材料は「お米」です。

お米を食べることで、食物繊維を摂取することが出来て便量が増える

=腸をキレイにする

ということにも繋がります。

 

【インフルエンザ予防に効果的な甘酒の飲み方とは?】

 

では、インフルエンザや風邪を予防する為に最も効率的な飲み方をご紹介します。

それは、「①間食の代わりに飲む」という方法と「②食後に飲む」という方法です。

間食の代わりに飲む理由としては、ついつい小腹がすくと甘いお菓子などを食べがちですが

甘いお菓子(砂糖)は腸内細菌の中でも悪玉菌のエサになりやすく腸内細菌を悪化させる原因にもなります。

そこで、甘いお菓子の代わりに、甘酒を飲むこと、もしくは砂糖の代わりに甘酒を利用することで

腸内環境を整えるという目的です。

「食後に飲む」という方法は、普段のお食事をした後の「デザート変わり」に

甘酒を100ccほど、飲むという方法です。

 

空腹時とは違い、血糖値も急激に上がりにくい為、ダイエット中の方でも続けられる

甘酒活用の方法です。

甘酒に同量の豆乳や牛乳を割って飲んでも飲みやすく同時にたんぱく質等も摂取出来るのでおススメです。

 

【その他、普段の生活で気を付けるべきことは?】

 

さて、これまで甘酒を飲むことによって出来るインフルエンザや風邪予防についてご紹介してきましたが

甘酒さえ飲めば「絶対に風邪を予防できる」わけでは有りません。

・温かいお茶や汁物を飲んで体を温める

・お酒の量を控えてほどほどにする

・よく噛んで、消化酵素をしっかりと出す(免疫機能の向上につながります)

・手洗いうがいを徹底する

・栄養バランスのとれた食事を行う

・適度な睡眠と運動を習慣化する

・納豆、キムチ、ヨーグルトなどその他の発酵食品も食べる

 

これらのことも実行しながら、プラスαで甘酒を飲んで

普段の生活から免疫機能の向上を意識していきましょう!

管理栄養士 川村いくこ

The following two tabs change content below.
発酵実育の編集長で管理栄養士の川村郁子です。 腸内環境を整えるための発酵食品カンタン活用術をご紹介していきます!

関連記事

ページ上部へ戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。