「甘酒で作る人気のスイーツレシピとは?!」

甘酒で作る簡単スイーツに挑戦してみました!

甘酒=飲み物と考えがちですよね。
甘酒を嗜好飲料として味わうこともできますが、甘味料としてスイーツに使えることをご存知ですか?

ビタミンやミネラルの宝庫と言われる甘酒を使って、子供からお年寄りに親しまれやすいスイーツを紹介します。



1.甘酒をどうやってスイーツに使うの?!

米麹と米のみを原料に作られているシンプルな甘酒は、砂糖を一切使っていません

砂糖を使っていないのですが、くどくない自然の甘味を「発酵」という過程で作りだします。

この甘酒を砂糖の代わりに使うことで、組み合わせた他の素材の持ち味が際立ち、味に広がりが生まれます。
お菓子作りに使う甘酒は、ピューレタイプや濃縮タイプを使うことをオススメします。

ミキサーやフードプロセッサーでピューレ状にすることもできます。液体タイプはドリンクのみに使えます。

 




*甘酒豆乳(材料1人分)

甘酒・・・100ml
無調整豆乳・・・100ml
(作り方)
①豆乳と甘酒をはかり、鍋に入れて温めて完成

(ポイント)

温かめて飲んでも良いし、冷やして飲んでもおいしいです。豆乳は成分無調整を使用しましょう。豆乳には大豆由来の良質なたんぱく質が含まれています。大豆イソフラボンで骨を強化し、食物繊維では腸内環境を整える働きをします。腸内のビフィズス菌を活性化するオリゴ糖が豊富であり、便通を促進する効果があるため「飲む点滴」と言われる甘酒と一緒に合わせて摂ることで、健康効果が増します。甘酒の甘味だけで楽しむことが出来きるのがポイントです。

*黒ゴマきなこの甘酒白玉(材料2人分)


白玉粉・・・60g
甘酒・・・80ml
黒すりごま
きなこ

(作り方)

①白玉粉とピューレ状の甘酒をボウルに入れ、耳たぶのやわらかさになるまで混ぜる
②一口大の大きさに丸めて真ん中をくぼませておくと、火の通りが早くなる
③鍋に水を入れ、沸騰させる。中火くらいにして、②の白玉団子を入れる
④浮いてきたらあと1分加熱し、氷水にとって冷ます。冷めたら、ザルに入れて水分をき      る
⑤器に盛り付ける
⑥黒すりごまときな粉を同量混ぜたのを、⑤に振りかけて完成

(ポイント)

黒ごまに含まれる「ゴマソグナン」には強い抗酸化作用があり、身体のサビつきを防止する役割があります。

もう少し甘みが欲しければ、黒すりごまときなこにキビ砂糖を混ぜてみるといいですよ。




*かぼちゃの焼きドーナツ(直径5cmシリコンドーナツ型8個分)


小麦粉・・・60g
ベーキングパウダー・・・小さじ1/4
かぼちゃ(皮を除いたもの)・・・40g
甘酒・・・60ml
無塩バター・・・10g
卵・・・1/2個
はちみつ・・・15g

(作り方)

①ドーナツ型は薄くオリーブオイル(分量外)を塗っておく。小麦粉とベーキングパウダーは一緒にふるっておく
②かぼちゃは火を通してやわらかくする。フォークの背を使って、ペーストにしておく
③ボウルに①の小麦粉とベーキングパウダーを入れ、ピューレ状の甘酒、溶かした無塩バター、はちみつを入れて混ぜる
④②のかぼちゃペーストと溶き卵を③のボウルに入れて混ぜたら、絞り袋に入れる
⑤型に生地を流し込み、180℃に予熱しておいたオーブンで20分焼く。焼き時間はオーブンや使う方により時間が異なります。足りなければ、1分づつ時間を追加して焼いてください。

(ポイント)

かぼちゃの代わりにさつまいもやバナナでも作れちゃいます。麹スイーツはできたてよりも、しばらく置いて味をなじませた方がおいしくなります。とくに焼き菓子は翌日から2日目頃からグッと風味が増しますよ。




【まとめ:甘酒は飲むだけでなくスイーツの材料としても使える!!】

甘酒が砂糖の代わりに使えてしまう万能調味料です。

疲労回復や肌荒れ、便秘の改善効果も期待できるため、冷蔵庫に常備しておけばいつでも飲むこともでき、スイーツも作れます。

使いきれるか不安であれば、150mlの小さいタイプの甘酒


も販売しているので是非、甘酒を摂り入れてみることをオススメします。

The following two tabs change content below.
発酵実育の編集長で管理栄養士の川村郁子です。 腸内環境を整えるための発酵食品カンタン活用術をご紹介していきます!

関連記事

ページ上部へ戻る